乾燥肌にはセラミド配合の化粧品が効果的

Beautiful asian woman肌表面の皮脂膜と、その下の細胞間脂質というバリア機能は角質層の水分を逃がさないことにによって、お肌を刺激から守っています。しかしこのバリア機能が、偏った食生活や、睡眠不足、ストレス、加齢などによって壊れると、角質層に水分を保持していられなくなって肌が乾燥してしまいます。すると、紫外線などの外からの刺激に赤くなったり、かゆみを覚えたり、ぴりぴりしたり、肌荒れを起こしたりするのです。

そうした乾燥肌に効果があるのは、セラミドを配合した化粧品です。なぜならバリア機能である細胞間脂質の約半分はセラミドでできているからです。セラミドにはいくつかの種類がありますが、「ヒト型セラミド」が人のセラミドとほぼ同じ化学構造をしているために保湿力や浸透力が高いとされています。ヒト型セラミドは、「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」の三つの種類があり、1はバリア機能の強化、2と3は保湿機能をサポートし、3はさらにシワの深さを軽減してくれるなどの特徴があります。セラミド配合の化粧品を買う際には成分表示にも注意してみてください。

化粧品のほか、肌の乾燥を防ぐにはビタミンA(ベータカロチン)を多く含む卵、ニンジン、カボチャなどを意識して摂るのもいい方法です。また、空気の乾燥する冬には、入浴時にあまり熱いお湯につかりすぎない、暖房器具を使うときには加湿器も使うようにする、などにも気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です